わきが治療で評判のクリニックガイド

手術による治療

ここでは、名古屋で受けられるわきが手術の種類と、その特徴について説明します。

いずれの治療法も、少なからずリスクがあります。安全性やからだへの負担・ダメージを考えるなら、まずは手術によらない治療法を、検討してみてからでも遅くはないでしょう。

名古屋で受けられるわきが手術の種類

■□■超音波法+ローラークランプ法■□■

この治療法は共立美容外科独自のわきが治療。超音波とローラークランプ法をあわせた、新しい治療法です。

手術といってもメスで小さな穴を開けるだけなので、傷跡がすぐに目立たなくなるのがこの治療の特徴です。

ローラークランプ法は、小さな穴をあけてわきがの原因であるアポクリン汗腺やエクリン汗腺を除去する方法で、従来の吸引法を応用した技術を使っています。

今までの吸引法とは違い、ローラーで皮膚を抑えながら吸引することによって、皮膚のすぐ下のアポクリン腺・エクリン腺をしっかり取り除くことができるのです。

さらに、このローラークランプ法に超音波を組み合わせているため、より効果が高まり、ダウンタイムも短くて済むイチオシの治療法です。

■□■超音波法■□■

その名のとおり超音波を利用した治療法です。

神経や血管を傷つけることなく、汗腺だけをピンポイントで吸引します。切開する部分も狭くてすむうえ、手術時間も短くてすみます。

半面、超音波の熱が皮ふにダメージを与える可能性がある、普通の手術よりも傷が残りやすいなどの側面も。30万円~40万円と、ほかの治療法よりも手術費用が高いことも、デメリットといえます。

■□■ローラーシェービング法(イナバ式)■□■

汗腺を削除する機器を使用した治療法で、皮ふの内側から、わきがの原因となる汗腺を取り除きます。

こちらの治療法のメリットとしては、比較的費用が低くすむこと、施術時間が短いことがあげられます。

また、傷口も小さくて目立たず、治療後の回復も早いこともメリットでしょう。

デメリットとしては、汗腺の残存を直接視認できないため、完全に除去しきれない可能性がある点です。この面においては、直接視認しながら除去できる剪除法などに軍配があがるといえます。

■□■皮下組織吸引法■□■

アクポリン汗腺やエクリン汗腺を吸引・除去する方法です。

切開面積が小さいので体への負荷が少なく、色素沈着や引き連れなどの可能性が低いところがメリットでしょう。治療費用が10万円前後と、保険適用外ながら比較的低めな点も見逃せません。

しかし、直接視認しながら吸引するのではなく、おおよその吸引となるため、不確実性な面があり、再発する可能性がある点がデメリットとしてあります。治療を受けるクリニックや医師の技術・経験にも、左右されやすいといえるでしょう。

■□■切開剪除法■□■

脇の下のアクポリン汗腺を、完全に取り去る治療法。

1度の手術ですむことと、比較的効果が高いことなどがメリットです。

デメリットとしては、術後に手術した皮ふが部分壊死する可能性がある・皮下出血することがある・治療痕が残ることもあることなどが挙げられます。

■□■皮ふ切除法■□■

毛の生えている部分の皮脂腺や汗腺・毛根を切除してしまう方法。

当然、効果は絶大ですがダメージ・リスクも高いため、最近はほとんど施術されていないようです。

こうして並べてみると、わきが手術にはさまざまなリスクがあることがわかります。できることなら、切らずに治したいですね。

 
わきがの悩みさようなら!治療クリニックランキング【名古屋編】