わきが治療で評判のクリニックガイド

わきが治療に保険は適用できる?

わきが治療の手術費用や、保険適用などについて紹介しています。

保険適応できる?知っておきたい、わきがの治療費

わきが手術は保険が適用されます。

ただし、それは剪除法などの限られたケースのみ。最新機器を使った治療などでは、保険が適用されない場合がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

以前は美容整形系のクリニックの治療では保険対象外でしたが、最近はこれらのクリニックでも保険が適用されるところも増えてきています。「美容整形クリニックだから」と候補から除外せず、HPで確認するなり問い合わせてみるなりして、チェックしてみることをおすすめします。

また、医療費控除も受けられるので、治療費や交通費などの領収書もとっておいてください。

医療費控除の対象となるのは、最大で200万円まで。計算式は次のとおりです。

☆医療費控除計算式☆

(支払った医療費合計額-(A))-(B)=控除額

※(A)保険金などの補てん額 ※(B)10万円、もしくは総所得金額等の5%

申請は、医療費控除関連の記載をした確定申告書を、領収書などと一緒に税務署に提出するだけ。

治療費が高額となる場合は、とくに利用したい制度です。

治療費の相場

さて、肝心のわきが治療費ってどのくらいなのでしょうか?

保険が適用される治療の場合だと、5万円程度。保険適用外の自由診療の場合だと、両脇でおよそ20万円~30万円といわれています。

保険が適用されるかどうかの基準のひとつに、医師の判断があります。

いくら保険が適用される治療方法だとしても、医師が「保険が適用されるほどのニオイではない」と判断すれば保険対象外となります。

その日の体調などによって、ニオイの発生状況が異なるケースもあります。最初の病院で保険はダメといわれても、次に受診した病院では提供可といわれることも珍しくありません。

あきらめずに何か所かの病院をまわってみてください。

 
わきがの悩みさようなら!治療クリニックランキング【名古屋編】