わきが治療で評判のクリニックガイド

わきが治療の期間は?

わきがの手術が完了するまでにかかる期間についてご紹介します。

わきが治療と期間について

初めて診察を受けてからわきが治療が完治するまでにはどれくらいの時間がかかるのでしょうか。 一人ひとりわきがの状態は違いますし、どのような方法で手術をするのかによってもかかる期間は変わってきます。

切る手術をする場合は入院も含まれるので2週間以上、ミラドライなどの切らない手術の場合は入院の必要がないため1週間ほどで完了するケースが多いです。 手術の時間についてですが、切る手術法でもある剪除法を選択した場合1時間から2時間程度となり、切らない手術法のミラドライでは両わきで40~60分前後となります。

わきが治療のステップ

それぞれのステップについて詳しくご紹介します。

カウンセリング

まずはカウンセリングから行われます。カウンセリングでは現在の状態を確認し、どのような治療方法が最も最適かを確認してもらえるので非常に大切だといえるでしょう。

施術

切る方法でわきがの施術を行った後、入院を必要とする場合は施術日を含めて2~10日後に退院できる場合が多いです。この期間中はわきの傷口が開かないように安静にしておく必要があるため入院が必要になります。

経過観察

その後の、施術の経過観察として10日から2週間程の間で何度か通うことになり、状態が落ち着いてから抜糸となるのです。 仕事や学校をどれくらい休めば良いのか?という点についてですが、切る治療法を選択した場合は最低でも1週間、長いと10日程は休みを取ることになるでしょう。 また、切る方法だったとしても入院を必要としないものもあるようです。ただ、この場合は3日ほどは毎日通院して状態を確認しなければならないところが多いので注意しておきましょう。

定期検診

その後は2週間後、3週間後、1ヶ月後のように定期検診を行って完了するところもあります。 ミラドライなどの方法で切らずにわきが治療を行った場合は切る方法に比べると大幅に期間を短縮できるのが魅力ですね。

クリニック選びも重要

各クリニックによって行われているわきが治療の方法は異なります。自分がワキガ治療のために取れる期間をよく考え、それに最適なクリニック選びをしましょう。

また、一口にワキガの治療といってもどのクリニックで手術を受けるのかによって内容や費用は大きく異なってきます。そのため、しっかり比較した上で自分にとって最適なところを探すことが大切です それぞれのクリニックについて詳しくご紹介しているので参考にしてみてくださいね。

finwhtクリニックで異なるわきが治療の特徴【名古屋編】>>

 
わきがの悩みさようなら!治療クリニックランキング【名古屋編】